チチコグサ〔キク科〕
Chichikogusa Gnaphalium japonicum Thunb.


公益財団法人                   
       
日本植物調節剤研究協会
       
関 東 支 部


(2011年9月21日開設 , 2020年3月25日更新)


  [お知らせ]



  [新着情報]

  • 会誌「雑草と作物の制御」第15号(2019)の掲載<新着>
雑草と作物の制御 第15号 2019
目  次

    口 絵(カラー)                                              1 ページ
    巻 頭 言
    通勤路の植物誌                                      上野敏昭  9 ページ
    特集記事
    雑草イネ・漏生イネ防除の最近の話題
    大豆作における雑草防除の最近の話題

    試験研究成果
    2019年度 水稲関係除草剤適用性試験・生育調節剤適用性試験実施状況(関東・東海)57 ページ
    2019年度 畑作・冬作・野菜花き・果樹・芝・緑地関係除草剤・生育調節剤作用性・
       適用性試験実施状況(関東)                                  58 ページ
    2019年度 関東地域 除草剤・生育調節剤 技術確認圃成績総括表            60 ページ
   
    普及の実績
    2020年度 各都県における防除基準編入除草剤・生育調節剤一覧            62 ページ
    2019年度 各都県における除草剤の使用面積                         64 ページ

    本会記事
    2019年度 関東支部事業経過                                   72 ページ
    関東支部代表委員・専門委員名簿                                 74 ページ
    編集後記                                                  75 ページ
    <表紙の解説                                               76 ページ
   
    コラム・他
    コンシュルジュ                                            目次 ページ
    2019年産水稲作況及び収穫量                                  19 ページ
    ヒエ剤の試験                                              60 ページ
    植調雑草大鑑(単行本)の紹介                                    75 ページ




  • 2019年度 関東東海地域 水稲関係除草剤適2試験成績検討会・技術確認圃報告会を開催しました<新着>
  •   2019年度の関東東海地域水稲関係除草剤適2試験成績検討会・技術確認圃報告会が東京
    都台東区西浅草の浅草ビューホテルホテルで開催されました。水稲関係除草剤適2試験成績検
    討会は11月27〜28日の2日間にわたり行われ、一発処理、体系処理、特殊雑草の成績に
    ついて、慎重な検討がなされました。結果は12月上旬に行われた中央判定会議で、他地域の
    結果と併せて総合的に検討され、実用性等の判定がなされました。
     技術確認圃報告会は11月28日午前中に東海地域、午後から関東地域の報告がありました。
    関東地域では水稲関係除草剤20剤、畑作除草剤2剤、野菜除草剤1剤、総数53箇所の結果
    について、熱心に意見交換が行われました。
     
    

    技術確認圃報告会会場

  • 2019年度 関東・東海地域 水稲除草剤適2試験現地検討会を開催しました
  •   2019年度の関東・東海地域水稲除草剤試験中間現地検討会が、7月1〜2日に埼玉県で
    開催されました。JR熊谷駅に集合後、2台のバスに分乗して熊谷市にある埼玉県農業技術
    研究センター 玉井試験場に向かい、場内で実施している水稲除草剤適2試験ほ場を視察しま
    した。その後、さいたま市にある農研機構 農業技術革新工学研究センターへ移動し、無人田
    植え機など最新の農機具等を見学しました。
     2日目の水稲除草剤適2試験中間成績の検討はさいたま市の大宮ソニックシティで行われ、
    各試験地から試験の中間報告がなされました。今にも雨が降ってきそうな空模様でしたが、
    暑くもなく、順調に視察を行うことができました。
    
    

    埼玉県農業技術研究センター 玉井試験場の水稲除草剤適2試験ほ場視察(熊谷市)

    水稲除草剤適2試験成績検討会場(さいたま市)



  • 2019年度 植調関東支部雑草防除研究会を開催しました<新着>
  •  2019年度の植調関東支部 雑草防除研究会が2019年7月2日(火)午後、さいたま市の大
    宮ソニックシティにおいて参加108名を得て、開催されました。
     「大豆作における雑草防除の最近の話題」をテーマにして、始めに農研機構中央農業研究
    センターの 澁谷知子 氏から「大豆作における難防除雑草について」と題して、話題提供が
    行われました。その後、BASFジャパン株式会社の 木村恒 氏から「本州都府県に地域登
    録拡大したパワーガイザー液剤(イマザモックスアンモニウム塩液剤)について」、丸和バ
    イオケミカル株式会社の 内海誠 氏から「アタックショット乳剤(フルチアセットメチル乳
    剤)の販売初年目で得られた技術情報について」、茨城県農業総合センターの 小山田一郎 
    氏から「茨城県におけるアタックショット乳剤(フルチアセットメチル乳剤)の現地実証事
    例について」、山梨県総合農業技術センターの 石井利幸 氏から「山梨県の大豆作における
    雑草防除研究の取り組み」、最後に埼玉県農業技術研究センターの 丹野和幸 氏から「埼玉
    県におけるグリホサート抵抗性オヒシバの発生状況」の話題提供がありました。
     近年、大豆栽培において防除し難い雑草が大きな問題となっています。それらに対する除
    草剤の話題提供等が行われたので、準備していた会場が満員になるほど多くの方が参加され、
    熱心な意見交換が行われました。
    
    
    

    大豆作における難防除雑草について

    茨城県におけるアタックショット乳剤(フルチアセットメチル乳剤)の現地実証事 例について

    山梨県の大豆作における雑草防除研究の取り組み

    埼玉県におけるグリホサート抵抗性オヒシバの発生状況

    会場風景

  • 平成30年度 植調関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会を開催しました
  •  平成30年度の植調関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会が平成31年3月15日
    (金)東京農業大学世田谷キャンパス アカデミアセンター 横井講堂において参加133名を得て、
    開催されました。
     関東支部雑草防除研究会は「雑草イネ・漏生イネ防除の最近の話題」をテーマにして、午後
    の部として行われました。最初に農研機構中央農業研究センターの 内野彰 氏から「イノベ強
    化事業28020Cの紹介と雑草イネ・漏生イネ防除技術マニュアル」と題して、話題提供が行われ
    ました。その後、内野氏の司会で植調協会千葉支所の 橋本仁一 氏から「雑草イネ・漏生イネ
    防除に有効な除草剤と利用方法」、信州大学の 渡邉修 氏から「雑草イネ・漏生イネ発生圃場
    の広域検出技術の開発」、宮城県古川農業試験場の 大川茂範 氏から「宮城県の直播栽培にお
    ける漏生イネ防除体系の実証試験」、茨城県農業総合センター農業研究所の 大橋俊子 氏から
    「茨城県の乾田直播栽培における雑草イネ防除体系の実証試験」、長野県農業試験場の 青木
    政晴 氏から「長野県の雑草イネ発生地域における防除技術体系の実証試験」、農研機構中央
    農業研究センターの 小荒井晃 氏から「暖地の直播栽培における漏生イネ防除体系の実証試験
    」の話題提供がありました。近年、雑草イネ・漏生イネの問題に関心が高いため、例年より多
    くの方々が参加され、熱心な意見交換が行われました。
    
    

    イノベ強化事業28020Cの紹介と雑草イネ・漏生イネ防除技術マニュアル

    宮城県の直播栽培における漏生イネ防除体系の実証試験

    茨城県の乾田直播栽培における雑草イネ防除体系の実証試験

    会場風景

    会場風景

  • 平成30年度 関東東海地域 水稲関係除草剤適2試験成績検討会・技術確認圃報告会を開催しました
  •   平成30年度の関東東海地域水稲関係除草剤適2試験成績検討会・技術確認圃報告会が東京
    都台東区西浅草の浅草ビューホテルホテルで開催されました。水稲関係除草剤適2試験成績検
    討会は11月8〜9日の2日間にわたり行われ、一発処理、体系処理、特殊雑草の成績につい
    て、慎重な検討がなされました。結果は12月上旬に行われた中央判定会議で、他地域の結果
    と併せて総合的に検討され、実用性等の判定がなされました。
     技術確認圃報告会は11月9日午前中に関東地域、午後から東海地域の成績について検討し
    ました。関東地域では水稲関係除草剤24剤、畑作除草剤2剤、28年度の麦除草剤1剤、総
    数67箇所の結果について各県から報告がなされ、熱心に意見交換が行われました。
     
    

    技術確認圃報告会会場

  • 平成30年度 関東・東海地域 水稲除草剤適2試験現地検討会を開催しました
  •   平成30年度の関東・東海地域水稲除草剤試験中間現地検討会が、7月3〜4日に長野県で
    開催されました。JR上田駅に集合後、2台のバスに分乗して上田市にある植調協会長野試験
    地に向かい、実施している水稲除草剤適2試験ほ場を視察しました。その後、須坂市にある長
    野県農業試験場へ移動し、場内で実施している水稲除草剤適2試験ほ場や雑草イネの試験圃場
    を視察しました。
     2日目の水稲除草剤適2試験中間成績の検討は長野市松代町のロイヤルホテル長野で行われ、
    各試験地から試験の中間報告がなされました。特別課題の検討では、長野県農業試験場の青木
    政晴氏から「長野県における適2試験と難防除雑草対策」の話題提供ありました。梅雨が明け、
    猛暑のなかでの現地視察となりましたが、順調に視察を行うことができました。
    
    

    植調協会長野試験の水稲除草剤適2試験ほ場視察(上田市)

      長野県農業試験場の水稲除草剤適2試験ほ場視察(須坂市)

    水稲除草剤適2試験成績検討会場(長野市松代町)




  [過去の最新情報]
  [会誌 雑草と作物の制御]
  [雑草情報]
  [規約等]
  [リンク]